コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木九郎 すずき くろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木九郎 すずき-くろう

1371-1438 室町時代の開拓者。
応安4=建徳2年生まれ。紀伊(きい)熊野(くまの)の神職の子孫という。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)中野郷,本郷周辺を開拓し,中野長者とよばれる。十二社(じゅうにそう)権現(現新宿区の熊野神社)をたて,のち出家し,成願寺のもとをひらいた。永享10年3月27日死去。68歳。法名は正蓮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木九郎の関連キーワード室町時代開拓者応安

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木九郎の関連情報