コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木啓示 スズキケイシ

3件 の用語解説(鈴木啓示の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐けいし【鈴木啓示】

[1947~ ]プロ野球選手・監督。兵庫の生まれ。昭和40年(1965)近鉄バファローズに入団。2年目から5年連続20勝以上を記録。20年の現役生活で最多勝利3回など、数々のタイトルを獲得。通算317勝、無四球完投試合78試合。引退後、解説者を経て、同球団の監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木啓示 すずき-けいし

1947- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和22年9月28日生まれ。41年近鉄に入団。左腕からの速球で2年目からエースとして活躍し,20勝以上を8回記録。みずから生き方を「草魂」とよんだ。実働20年,ノーヒットノーラン2回,通算317勝238敗,防御率3.11,完投340,無四球試合78。平成5-7年近鉄監督。14年野球殿堂入り。兵庫県出身。育英高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木啓示
すずきけいし
(1947― )

プロ野球選手(投手:左投左打)、監督。9月28日、兵庫県生まれ。西脇(にしわき)南中から育英高に進み、1965年(昭和40)春の選抜大会に出場した。同年秋から行われるようになったドラフト制度で近鉄バファローズ(後の大阪近鉄バファローズ)から2位指名を受けて入団した。1年目の1966年に10勝(12敗)をマークすると、15年連続で2桁(けた)勝利をあげたが、そのうち、1967年から1971年までの5年連続を含め、20勝以上のシーズンが8回もあった。正確無比な制球力を有し、無四球試合通算78はプロ野球記録、ノーヒットノーランも2回達成した。オールスター戦にも15回出場するなど、長きに渡ってパシフィック・リーグを代表する左腕として活躍し、1985年限りで現役を退くまでに歴代4位の317勝をマークした。1993年(平成5)から近鉄の監督を務めたが結果を出せず、1995年のシーズン途中に辞任した。[出村義和]
 選手としての20年間の通算成績は、登板試合703、投球回4600と3分の1、317勝238敗、防御率3.11、奪三振3061、完投340、完封71。獲得したおもなタイトルは、最多勝利3回、最高勝率1回、最優秀防御率1回、最多奪三振8回、ベストナイン3回。監督としての通算成績(3年)は、348試合、167勝171敗10分け、勝率4割9分4厘。2002年(平成14)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『杉本成之著『草魂! 鈴木啓示』(1984・恒文社) ▽鈴木啓示著『男の人生にリリーフはない』(1985・徳間書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木啓示の関連キーワード関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉江本孟紀佐々木信也立浪和義根来泰周藤田平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木啓示の関連情報