コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木天眼 すずき てんがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木天眼 すずき-てんがん

1867-1926 明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応3年7月8日生まれ。明治26年秋山定輔(ていすけ)創刊の「二六新報」の主筆となる。35年長崎で「東洋日の出新聞」を創刊し,社長。41年衆議院議員。孫文辛亥(しんがい)革命を支持した。大正15年12月10日死去。60歳。陸奥(むつ)二本松(福島県)出身。本名は力(ちから)。別号に独尊子。著作に「小日本歟(か)大日本歟」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずきてんがん【鈴木天眼】

1867‐1926(慶応3‐昭和1)
明治・大正期のジャーナリスト。名は力(ちから)。会津藩士の家に生まれ上京,1890年雑誌《活世界》を発行,〈日本精神と対外経綸の振作〉に努める。93年秋山定輔創刊の《二六新報》主筆となる。日清関係の急迫で朝鮮に渡り天佑俠を組織する。98年《九州日の出新聞》,1902年《東洋日の出新聞》を創刊し,社長となる。日露開戦にあたり積極的大陸進出論を唱え,08年長崎県選出衆議院議員。辛亥革命正当性を主張し,非干渉を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木天眼の関連キーワード佐瀬 熊鉄山口五郎太大正時代鈴木 力鈴木力天佑

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android