コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木広川 すずき こうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木広川 すずき-こうせん

1780-1838 江戸時代後期の儒者。
安永9年生まれ。上野(こうずけ)佐位郡保泉(ほずみ)村(群馬県境町)の名主。独学で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)派,ついで山崎闇斎(あんさい)派の学をおさめ,詩文もよくした。門人に金井烏洲(うしゅう)らがいる。天保(てんぽう)9年死去。59歳。名は惟親。字(あざな)は克敬。通称は四九郎。別号に漂麦園(ひょうばくえん)。著作に「漂麦園自詠」「凶荒歌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木広川の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧武装中立同盟ペスタロッチグレート・トレックマリアテレジアマリアテレジアティチングコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone