コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河帝国の興亡 ギンガテイコクノコウボウ

2件 の用語解説(銀河帝国の興亡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎんがていこくのこうぼう〔ギンガテイコクのコウバウ〕【銀河帝国の興亡】

《原題FoundationアシモフのSF小説。1951年刊。第二の銀河帝国設立のため準備された組織「ファウンデーション」をめぐる壮大な未来史シリーズの第1巻。別邦題「銀河帝国興亡史」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀河帝国の興亡
ぎんがていこくのこうぼう
The Foundation Trilogy

アメリカのSF作家アイザック・アシモフ著の壮大な未来叙事詩三部作(1942~49)。はるかな未来、広大な銀河系宇宙を傘下に収めた大銀河帝国に没落の兆しが現れる。帝国が崩壊すれば各太陽系は小王国に分裂し、人類はふたたび原始の暗黒時代に逆行するであろう。このとき心理歴史学の天才ハリ・セルダンは暗黒時代の再現を最小限に食い止めるための方策を予言し、科学者たちの根拠地として二つのファウンデーション(基地)を銀河の両端に設置した。しかし惑星テルミナスに置かれた第一ファウンデーションは、旧帝国にかわって台頭した宇宙の覇王ミュールの挑戦を受けることになる。彼は超能力を備えたミュータントで、セルダンの天才をもってしてもかかる超人の出現は予測しえなかった。ミュールの正体は何か? そして第二ファウンデーションの所在は? 謎(なぞ)の解明が強烈なサスペンスを生むアシモフの代表作。[厚木 淳]
『厚木淳訳『銀河帝国の興亡』三部作(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

銀河帝国の興亡の関連キーワードカルト企業会計基準委員会ASBJウィキペディアWikipediaFirefoxSymbian OSMeeGoFirefox OSTizen

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀河帝国の興亡の関連情報