コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝銅鉱 きどうこう chalcocite

翻訳|chalcocite

6件 の用語解説(輝銅鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝銅鉱
きどうこう
chalcocite

Cu2S 。の重要な鉱石鉱物斜方晶系金属光沢,鉛黒色,濃青色の錆色を呈す。比重 5.5~5.8,硬度 2.5。 103.5℃以上で六方晶系に転移し,さらに 435℃以上で等軸晶系に転移する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐どうこう〔‐ドウクワウ〕【輝銅鉱】

硫黄からなる鉱物。斜方晶系。黒灰色で軟らかく、塊状か土状のものが多い。銅の原料鉱石として重要。硫銅鉱。カルコサイト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輝銅鉱【きどうこう】

金属光沢をもつ黒灰色の鉱物。銅分約80%を含む銅の重要鉱石。組成はCu2S。単斜晶系で産状はふつう塊状。硬度2.5〜3,比重5.5〜5.8,溶融しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きどうこう【輝銅鉱 chalcocite】

化学組成Cu2Sの鉱物。黒色で金属光沢をもつが,微粒のため不明瞭なことが多い。銅鉱床の二次富化帯に産することが多い。化学組成と産状の類似する鉱物(ダイジェナイトdigenite Cu9S5や阿仁鉱Cu7S4など)との混合物として産することもあり,微粒の場合には相互の区別が困難で,二次富化帯に産する微粒,黒色~青黒色,Cu2S組成に近い鉱物を総称して輝銅鉱と呼んでいる場合もある。これらは世界的に見れば銅の重要な鉱石鉱物であるが,現在日本では産出は少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きどうこう【輝銅鉱】

銅の硫化物から成る鉱物。斜方晶系に属する。多くは塊状で、黒灰色を示す。銅鉱脈中に産する。重要な銅の鉱石。硫銅鉱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝銅鉱
きどうこう
chalcocite

銅の鉱石鉱物の一つ。二次銅鉱物として、各種銅鉱床酸化帯中に他の二次鉱物(硫化銅や炭酸銅の鉱物)と産し、またまれに超塩基性岩中に初生鉱物として、他の硫化銅の鉱物などとともに産する。自形は斜方(直方)板状~柱状。日本でも産地は多いが、良晶は少なく、静岡県伊豆半島東岸の河津(かわづ)鉱山(閉山)産などが知られるのみである。デュルレ鉱、方輝銅鉱、ロクスビー鉱、阿仁鉱(あにこう)などと外観上酷似し、容易には識別できない。英名はキプロス島産の銅鉱の名称chalcitisに由来する。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輝銅鉱の関連キーワード輝銀鉱硝石石墨軟マンガン鉱金属光沢金属鉱物鉱石鉱物鉄重石非金属光沢セン亜鉛鉱(閃亜鉛鉱)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone