鋸草(読み)ノコギリソウ

  • ×鋸草
  • のこぎりぐさ
  • のこぎりそう ‥サウ
  • のこぎりそう〔サウ〕
  • 鋸草 (ノコギリグサ・ノコギリソウ)
  • 鋸草 (ノコギリソウ)

デジタル大辞泉の解説

キク科の多年草。中部以北の山地草原に生え、高さ60~90センチ。葉はの歯のように切れ込んでいる。夏から秋、淡紅色か白色の小さな頭状花を多数密につける。はごろもそう。 夏》「国境に―などあはれなり/青邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

キク科の多年草。山地の草原に自生。高さ約70センチメートル。葉は披針形で羽状に細裂し、裂片に鋭い鋸歯がある。夏、茎頂に白色ないし淡紅色の小さい頭状花を密につける。ハゴロモソウ。 [季] 夏。
キク科ノコギリソウ属の植物の総称。キバナノノコギリソウ・セイヨウノコギリソウなどは観賞用に栽培。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
② 植物「われもこう(吾木香)」の異名。〔書言字考節用集(1717)〕
〘名〙
① キク科の多年草。北海道・本州中部以北の山地の草原に生え、観賞用に庭にも植えられる。高さ六〇~九〇センチメートル。茎・葉ともに軟毛がある。葉は線状披針形で無柄、縁は羽状に浅裂ないし深裂し、裂片は多数で普通鋭い鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、茎上部で分枝し径約一センチメートルの頭花を多数散房状につける。舌状花は少数で白または淡紅色、栽培品種に紫紅色のものがある。漢方で全草を健胃・かぜ薬に用いる。漢名に蓍を慣用する。はごろもそう。のこぎりぐさ。《季・夏》 〔大和本草(1709)〕
② 植物「われもこう(吾木香)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android