コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡忍坊日暁 きょうにんぼう にちぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鏡忍坊日暁 きょうにんぼう-にちぎょう

1202-1264 鎌倉時代の僧。
建仁(けんにん)2年生まれ。日蓮の弟子。文永元年11月11日,師にしたがって安房(あわ)(千葉県)天津(あまつ)城主工藤吉隆(よしたか)をたずねる途中,長狭郡(ながさぐん)東条郷松原(鴨川市)で地頭東条景信の手勢におそわれ,駆けつけた吉隆とともに討ち死にする(小松原法難)。63歳。弘安(こうあん)4年その地に鏡忍寺がたてられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鏡忍坊日暁の関連キーワード鎌倉時代建仁

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android