鐘打鉱山(読み)かねうちこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鐘打鉱山
かねうちこうざん

京都府京丹波町の和知にあった鉱山。 1921年に鉱業権が設定され,1951年に日本鉱業系の鐘打鉱業が設立された。古生代粘板岩母岩とする含タングステン石英脈中に灰重石,含マンガン重石などのタングステン鉱とスズ石および少量の銅鉱が存在した。鉱脈の幅は 20~40cm,傾斜 50~70°で,シュリンケージ採掘法または打柱法で採掘し,酸化タングステンその他スズおよび銅を産出していたが,1982年9月に閉山した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android