コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井宗秀 ながい むねひで

2件 の用語解説(長井宗秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井宗秀 ながい-むねひで

1265-1327 鎌倉時代の幕府官僚。
文永2年生まれ。長井時秀の子。幕府の引付衆,評定衆となって北条貞時を補佐し,永仁(えいにん)6年引付頭人となる。貞時の死後は宿老として安達時顕(あだち-ときあき),長崎高綱らと北条高時を補佐した。のち出家。歌人でもあった。嘉暦(かりゃく)2年死去。63歳。法名は道雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長井宗秀

没年:嘉暦2(1327)
生年:文永2(1265)
鎌倉後期の御家人。時秀と安達義景の娘との子。弘安5(1282)年引付衆となり,同年宮内権大輔に任官。その後評定衆に任ぜられる。永仁1(1293)年には執奏および北条宗宣と共に越訴頭人となる。また執権北条貞時の寄合衆として,政治の中枢に参画し重要な役割を果たす。同年には引付頭人に昇格。正安2(1300)年ごろ掃部頭に任官。貞時の死後は,執権北条高時主宰の寄合に加わり,得宗専制体制を支える役割を果たす。正五位下を極位とする。また歌人としても知られ,『新後撰和歌集』以下の勅撰集に入集。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

長井宗秀の関連キーワード浄土寺(広島県)長井宗秀呑海清浄光寺旭烈兀土御門院小宰相旭烈兀Edward the Confessor功山寺国泰寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone