コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井宗秀 ながい むねひで

2件 の用語解説(長井宗秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井宗秀 ながい-むねひで

1265-1327 鎌倉時代の幕府官僚。
文永2年生まれ。長井時秀の子。幕府の引付衆,評定衆となって北条貞時を補佐し,永仁(えいにん)6年引付頭人となる。貞時の死後は宿老として安達時顕(あだち-ときあき),長崎高綱らと北条高時を補佐した。のち出家。歌人でもあった。嘉暦(かりゃく)2年死去。63歳。法名は道雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長井宗秀

没年:嘉暦2(1327)
生年:文永2(1265)
鎌倉後期の御家人。時秀と安達義景の娘との子。弘安5(1282)年引付衆となり,同年宮内権大輔に任官。その後評定衆に任ぜられる。永仁1(1293)年には執奏および北条宗宣と共に越訴頭人となる。また執権北条貞時の寄合衆として,政治の中枢に参画し重要な役割を果たす。同年には引付頭人に昇格。正安2(1300)年ごろ掃部頭に任官。貞時の死後は,執権北条高時主宰の寄合に加わり,得宗専制体制を支える役割を果たす。正五位下を極位とする。また歌人としても知られ,『新後撰和歌集』以下の勅撰集に入集。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長井宗秀の関連キーワード異国警固番役鎌倉大番役御家人御家人株御家人役安達顕盛安達時盛覚山志道覚山尼長江義景

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone