長尾円澄(読み)ながお えんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾円澄 ながお-えんちょう

1859-1922 明治-大正時代の園芸家。
安政6年3月14日生まれ。岡山県山口村(笠岡市)の真言宗長福寺の住職寺領果樹園(五花園)をひらき,渡辺淳一郎の指導・協力をえて果樹の栽培,育種の研究につとめ,桃の優良品種「土用水蜜」をつくりだした。大正11年1月28日死去。64歳。備後(びんご)(広島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android