コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡輝子 ながおか てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長岡輝子 ながおか-てるこ

1908-2010 昭和-平成時代の女優,演出家。
明治41年1月5日生まれ。昭和3年フランスに留学。6年テアトル・コメディを結成,フランス喜劇を上演。14年文学座にはいり,演出も担当。46年退団。58年NHKテレビドラマ「おしん」に出演。宮沢賢治作品の岩手弁による朗読でも知られた。平成15年菊池寛賞。平成22年10月18日死去。102歳。岩手県出身。東洋英和女学院卒。本名は篠原輝子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長岡輝子【ながおかてるこ】

女優,演出家。岩手県盛岡市出身。父は英文学者。東洋英和女学院卒業。1928年,文化学院を中退してパリに留学。帰国後の30年,テアトル・コメディを創立。37年,岸田国士文学座入団,自作を演出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の長岡輝子の言及

【新劇】より

…川口一郎(1900‐71),田中千禾夫(ちかお)(1905‐95),小山祐士(ゆうし)(1906‐82),内村直也(1909‐89),森本薫ら,市民生活の哀歓を心理的せりふの躍動で描く劇作家たちの出現である。また同じころ(1931‐36),金杉惇郎・長岡輝子夫妻の主宰する〈テアトル・コメディ〉もフランス近代心理劇を上演し,飯沢匡(1909‐94)らの劇作家を生みだした。 築地座は1936年2月に解散にいたるが,それが母体となって翌37年9月,〈文学座〉が結成される。…

※「長岡輝子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長岡輝子の関連キーワード女の中にいる他人金杉 惇郎十朱 久雄加藤 道夫友田 恭助キティ颱風森 雅之南 美江加藤道夫松山 崇女の一生夜の流れ山の音

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長岡輝子の関連情報