コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長春真人 ちょうしゅんしんじんChang-chun Zhen-ren; Ch`ang-ch`un Chên-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長春真人
ちょうしゅんしんじん
Chang-chun Zhen-ren; Ch`ang-ch`un Chên-jên

[生]金,皇統8(1148)
[没]正大4(1227)
中国,末期およびモンゴル国初期の道士。登州棲霞 (山東省棲霞県) の人。俗姓は丘処機。字は通密。号は長春子。長春真人は道号。 12世紀中頃の全真教団の開祖王重陽の高弟7名の一人。興定4 (1220) 年西征途次の太祖チンギス・ハン (成吉思汗) の召しに応じて出発,外モンゴルビシバリクサマルカンドを経て,元光1 (22) 年ヒンドゥークシ山脈の南で太祖に謁し,道教の最高管理者の地位を与えられた。その旅行記『長春真人西遊録』は東西交通の貴重な資料である。ほかに『はん渓集』『摂生消息論』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長春真人
ちょうしゅんしんじん
(1148―1227)

中国の道士。姓名は丘(邱)処機(きゅうしょき)。道号は長春子。山東棲霞(せいか)の人。金(きん)末・元(げん)初に新教団の全真(ぜんしん)教を開いた王重陽(ちょうよう)(王(おうてつ))の七真すなわち高弟7名の一人で、長春真人と称せられる。1219年に西征中の元太祖チンギス・ハンの招きに応じ、弟子18名とともに砂漠を越えてついに太祖に謁し、道教の最高責任者たる勅命を受けて燕京(えんけい)(北京(ペキン))に帰る。ここで天長観に住し、やがて長春宮と改称した。これが明(みん)代以降の全真教叢林(そうりん)(大本山)白雲観の前身である。そのときの旅行記『長春真人西遊記』があり、また文集に『(はんけい)集』その他がある。現在も白雲観には長春祖師を奉祀(ほうし)する丘祖殿があり、長春真人のほか、張真人以下8名の白雲観掌教(住持)の祖師をその左右に配祀してある。[澤田瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長春真人の言及

【丘処機】より

…中国,金代の革新的道教教団である全真教の開祖王重陽の高弟の一人。道士としての称号〈長春真人〉で知られる。西征中のチンギス・ハーンが使者を遣わして招いたのに応じて70歳以上の身で1220年出発,22年,今のアフガニスタン北部でハーンに謁見した。…

※「長春真人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長春真人の関連キーワード藤原顕頼サルグル朝ジール朝高齢運転者等専用駐車区間大江広元玖馬三千院周期表隆寛円春