コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川龍生 はせがわ りゅうせい

2件 の用語解説(長谷川龍生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川龍生 はせがわ-りゅうせい

1928- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和3年6月19日生まれ。17歳のとき詩作をはじめ,大阪で小野十三郎(とおざぶろう)に師事。「山河」をへて昭和27年関根弘らの「列島」に参加,前衛詩運動を推進する。32年「パウロウの鶴」で注目され,53年「詩的生活」で高見順賞,61年「知と愛と」で藤村記念歴程賞。平成3年大阪文学学校校長。大阪府出身。早大中退。本名は名谷竜生(なや-たつお)。詩集はほかに「立眠」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川龍生
はせがわりゅうせい
(1928― )

詩人。本名・名谷龍生(なやたつお)。大阪市船場(せんば)生まれ。早稲田(わせだ)大学仏文科中退。3歳のとき一家離散、幼少時より寄食生活を転々とする。自閉症を病む小学校時代を経て大阪府立富田林(とんだばやし)中学校時代より文学、思想書に親しみ、とくにロシア文学に傾倒する。小野十三郎(とうざぶろう)のもとで17歳より詩を書き始め、職を転々としながら1946年(昭和21)同人誌『渦動』創刊。48年関西の詩誌『山河』、52年関東の『列島』に参加、第二次世界大戦後の動乱期のアバンギャルド系左翼詩人として出発。57年、あえて余韻を残すまいとするような、直截(ちょくせつ)で贅肉(ぜいにく)のない表現を特徴とする第一詩集『パウロウの鶴』で注目される。同年東京電通に就職。58年、新日本文学会の『現代詩』の編集長となる。60年、花田清輝(きよてる)、佐々木基一、安部公房(こうぼう)らと「記録芸術の会」をつくり、総合芸術運動を推進する。64年東急エージェンシーに勤め万博ポピュラー芸能部門を担当、サミー・デイビス・ジュニアやマレーネ・ディートリヒなどタレントを呼ぶ。72年、十数年勤めた広告業界から退き、文筆活動に入る。詩集に『虎(とら)』(1960)、『長谷川龍生全詩集』(1967)、『泉(ファンタン)という駅』(1975)、『直観の抱擁』(1976)、『詩的生活』(1978。高見順賞)、『バルバラの夏』(1980)、『知と愛と』(1986。歴程賞)、『マドンナ・ブルーに席をあけて』(1989)など。詩論集に『現代詩論集6 長谷川龍生 片桐ユズル』(1972)などがあり、映画評論も多い。日本現代詩人会会長を務める(1998~ )。[陶原 葵]
『『長谷川龍生詩集 虎』(1960・飯塚書店) ▽『現代詩文庫18 長谷川龍生詩集』『現代詩文庫136 続・長谷川龍生詩集』(1969、1996・思潮社) ▽『現代詩論集6 長谷川龍生 片桐ユズル』(1972・晶文社) ▽『詩集 泉(ファンタン)という駅』(1975・サンリオ出版) ▽『長谷川龍生詩集 詩的生活』(1978・思潮社) ▽『詩集 バルバラの夏』(1980・青土社) ▽『知と愛と』(1986・思潮社) ▽『マドンナ・ブルーに席をあけて』(1989・思潮社) ▽『泪が零れている時のあいだは』(1989・思潮社) ▽『立眠』(2002・思潮社) ▽西郷竹彦著『名詩の美学』(1993・黎明書房) ▽「長谷川龍生の現在」(『現代詩手帳』7月号所収・2002・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川龍生の関連キーワード会田千衣子高良留美子城侑正津勉田中清光粒来哲蔵鶴岡善久寺門仁藤富保男河野道代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone