コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野十三郎 おのとおざぶろう

6件 の用語解説(小野十三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野十三郎
おのとおざぶろう

[生]1903.7.27. 大阪
[没]1996.10.8. 大阪
詩人。本名,藤三郎。伝統的抒情を否定し,批評性,即物性に富むリアルな詩風を確立。 1954年帝塚山学院短期大学教授。同年町の学校「大阪文学学校」を開き,校長をつとめる。日本現代詩人会会長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おの‐とおざぶろう〔をのとをザブラウ〕【小野十三郎】

[1903~1996]詩人。大阪の生まれ。東洋大中退。帝塚山学院短大教授。本名、藤三郎。詩誌「赤と黒」同人。反俗・反権力のアナーキズム詩人として出発、短歌的叙情の否定を提唱。戦後は勤労者のための大阪文学学校校長を務める。「拒絶の木」で読売文学賞。詩集に「大阪」「重油富士」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小野十三郎【おのとうざぶろう】

詩人。大阪市生れ。本名,藤三郎。東洋大学中退。帝塚山学院短期大学教授。アナーキズム系詩人として活躍。1921年上京して,萩原恭次郎壺井繁治,岡本潤らを知り,《赤と黒》の同人となる。
→関連項目秋山清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野十三郎 おの-とおざぶろう

1903-1996 大正-平成時代の詩人。
明治36年7月27日生まれ。詩誌「赤と黒」に参加し,萩原恭次郎,壺井繁治らを知る。大正15年「半分開いた窓」を刊行,昭和5年詩誌「弾道」を創刊。8年郷里の大阪にかえり,戦後,「詩論」で短歌的叙情の否定を提唱。50年「拒絶の木」で読売文学賞。帝塚山学院短大教授,大阪文学学校校長をつとめた。平成8年10月8日死去。93歳。東洋大中退。本名は藤三郎。
【格言など】「批評」の要素に於て妥協した抒情に真実の歌がこもる筈がない(「詩論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おのとおざぶろう【小野十三郎】

1903~1996) 詩人。大阪生まれ。東洋大中退。前衛的な詩誌「赤と黒」同人に参加。反俗、反権力のアナーキズム詩人として出発。戦後は勤労者のための大阪文学学校を開設。詩集「大阪」「拒絶の木」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野十三郎
おのとおざぶろう
(1903―1996)

詩人。本名藤三郎(とうざぶろう)。大阪市に生まれる。東洋大学中退。1923年(大正12)、アナキスト詩人の拠点となった詩誌『赤と黒』に参加し、萩原恭次郎(はぎわらきょうじろう)、壺井繁治(つぼいしげじ)らを知る。処女詩集『半分開いた窓』(1926)の序文に「あらゆる人間性の中庸に対する意識的反発、幸福、あらゆるブルジヨア的幸福感の顛覆(てんぷく)」と記す。33年(昭和8)帰阪、以後関西の詩運動に不断のエネルギーを注入し、多くの新進詩人たちを育てた。近代化によって重工業原と化してゆく大阪つまり日本を、即物的な叙述法によって示し、独自の叙事詩的骨格をもつ詩を書き続ける。短歌的叙情の否定を提唱した詩歌論は大きな反響をよんだ。[原崎 孝]
『『定本 小野十三郎全詩集』(1979・立風書房) ▽安水稔和著『小野十三郎』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野十三郎の関連キーワード安西均磯村英樹犬塚尭大木実窪田般弥滝口雅子寺門仁ドン ザッキー星野徹河野道代

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野十三郎の関連情報