小野十三郎(読み)おのとおざぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野十三郎
おのとおざぶろう

[生]1903.7.27. 大阪
[没]1996.10.8. 大阪
詩人。本名,藤三郎。伝統的抒情を否定し,批評性,即物性に富むリアルな詩風を確立。 1954年帝塚山学院短期大学教授。同年町の学校「大阪文学学校」を開き,校長をつとめる。日本現代詩人会会長をつとめた。詩集『大阪』 (1939) ,『風景詩抄』 (43) ,評論集『詩論』 (47) 。『定本小野十三郎全詩集 1926-1974』 (79) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おの‐とおざぶろう〔をのとをザブラウ〕【小野十三郎】

[1903~1996]詩人。大阪の生まれ。帝塚山学院短大教授。本名、藤三郎。詩誌「赤と黒」同人。反俗・反権力アナーキズム詩人として出発、短歌的叙情の否定を提唱。戦後は勤労者のための大阪文学学校校長を務める。「拒絶の木」で読売文学賞。詩集に「大阪」「重油富士」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小野十三郎【おのとうざぶろう】

詩人。大阪市生れ。本名,藤三郎。東洋大学中退。帝塚山学院短期大学教授。アナーキズム系詩人として活躍。1921年上京して,萩原恭次郎壺井繁治,岡本潤らを知り,《赤と黒》の同人となる。1933年大阪へ帰り,自らの詩の方向を定め,1939年,大阪の重工業地帯に取材した詩集《大阪》を発表。独自の詩風を確立した。また戦時下に発表した詩と詩論をまとめて1947年《詩論》を刊行,その短歌的抒情の否定は,その後の現代詩の方向を決定する議論のひとつとなった。1954年に大阪文学学校を創立,1991年まで校長を務め,後進の指導にも尽力した。《半分開いた窓》《風景詩抄》《重油富士》などの詩集,《奇妙な本棚》その他の評論集がある。
→関連項目秋山清

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野十三郎 おの-とおざぶろう

1903-1996 大正-平成時代の詩人。
明治36年7月27日生まれ。詩誌「赤と黒」に参加し,萩原恭次郎,壺井繁治らを知る。大正15年「半分開いた窓」を刊行,昭和5年詩誌「弾道」を創刊。8年郷里の大阪にかえり,戦後,「詩論」で短歌的叙情の否定を提唱。50年「拒絶の木」で読売文学賞。帝塚山学院短大教授,大阪文学学校校長をつとめた。平成8年10月8日死去。93歳。東洋大中退。本名は藤三郎。
【格言など】「批評」の要素に於て妥協した抒情に真実の歌がこもる筈がない(「詩論」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのとおざぶろう【小野十三郎】

1903~1996) 詩人。大阪生まれ。東洋大中退。前衛的な詩誌「赤と黒」同人に参加。反俗、反権力のアナーキズム詩人として出発。戦後は勤労者のための大阪文学学校を開設。詩集「大阪」「拒絶の木」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野十三郎
おのとおざぶろう
(1903―1996)

詩人。本名藤三郎(とうざぶろう)。大阪市に生まれる。東洋大学中退。1923年(大正12)、アナキスト詩人の拠点となった詩誌『赤と黒』に参加し、萩原恭次郎(はぎわらきょうじろう)、壺井繁治(つぼいしげじ)らを知る。処女詩集『半分開いた窓』(1926)の序文に「あらゆる人間性の中庸に対する意識的反発、幸福、あらゆるブルジヨア的幸福感の顛覆(てんぷく)」と記す。33年(昭和8)帰阪、以後関西の詩運動に不断のエネルギーを注入し、多くの新進詩人たちを育てた。近代化によって重工業原と化してゆく大阪つまり日本を、即物的な叙述法によって示し、独自の叙事詩的骨格をもつ詩を書き続ける。短歌的叙情の否定を提唱した詩歌論は大きな反響をよんだ。[原崎 孝]
『『定本 小野十三郎全詩集』(1979・立風書房) ▽安水稔和著『小野十三郎』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小野十三郎の関連情報