コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長雄耕雲 ながお こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長雄耕雲 ながお-こううん

1688-1749 江戸時代中期の書家。
元禄(げんろく)元年生まれ。儒者書家細井広沢(こうたく)にまなぶ。のち長雄流とよばれる一流をおこした。筑後(福岡県)久留米藩につかえる。「五月帖」「新春帖」など作品集もおおい。寛延2年1月23日死去。62歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。通称は半左衛門。号は柏梁堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長雄耕雲の関連キーワード井原西鶴元禄怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)増穂残口