コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開城工業団地 ケソンコウギョウダンチ

2件 の用語解説(開城工業団地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケソン‐こうぎょうだんち〔‐コウゲフダンチ〕【開城工業団地】

北朝鮮南部、韓国との軍事境界線付近にある経済特別区に設置された両国共同の大規模工業地帯。南北経済協力事業の一つとされ、基本的に北朝鮮が土地・労働力、韓国が資金・技術力を提供する。繊維・機械・金属・電子部品など百数十社が操業。
[補説]2013年2月に北朝鮮が地下核実験を強行したことから両国関係が悪化し、同年4月から9月半ばまで操業停止に陥った。2016年2月、北朝鮮による核実験や長距離核ミサイル発射実験を受けて、再び操業停止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

開城工業団地

2004年12月、北朝鮮の古都・開城で操業が始まった。「言葉が通じ、勤勉だが低廉」な労働力を求めて進出する韓国企業や生産高は年々増え、昨年は123社で年間総額4億6950万ドル(約464億円)。製品は衣料品が中心で、韓国から欧州や東南アジアにも輸出された。10年3月の韓国軍哨戒艦沈没事件を受け、韓国政府は同年5月以降、新規の進出や投資を禁じる措置をとっている。

(2013-09-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開城工業団地の関連キーワード松岳延白平野北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の弾道ミサイルの射程北朝鮮の非核化北朝鮮の過去の開放政策北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開城工業団地の関連情報