コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開城工業団地 ケソンコウギョウダンチ

デジタル大辞泉の解説

ケソン‐こうぎょうだんち〔‐コウゲフダンチ〕【開城工業団地】

北朝鮮南部、韓国との軍事境界線付近にある経済特別区に設置された両国共同の大規模工業地帯。南北経済協力事業の一つとされ、基本的に北朝鮮が土地・労働力、韓国が資金・技術力を提供する。繊維・機械・金属・電子部品など百数十社が操業。
[補説]2013年2月に北朝鮮が地下核実験を強行したことから両国関係が悪化し、同年4月から9月半ばまで操業停止に陥った。2016年2月、北朝鮮による核実験や長距離核ミサイル発射実験を受けて、再び操業停止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

開城工業団地

2004年12月、北朝鮮の古都・開城で操業が始まった。「言葉が通じ、勤勉だが低廉」な労働力を求めて進出する韓国企業や生産高は年々増え、昨年は123社で年間総額4億6950万ドル(約464億円)。製品は衣料品が中心で、韓国から欧州や東南アジアにも輸出された。10年3月の韓国軍哨戒艦沈没事件を受け、韓国政府は同年5月以降、新規の進出や投資を禁じる措置をとっている。

(2013-09-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開城工業団地の関連情報