コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑中録 かんちゅうろくHanjung-rok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑中録
かんちゅうろく
Hanjung-rok

朝鮮,李朝第 21代の王英祖の世子妃であり,第 22代の王正祖の母であった恵慶宮洪氏 (1735~1815) が書いた自伝的回顧録。『恨中録』『閑中漫録』ともいう。党争の犠牲となり,父王英祖の手で殺された夫である思悼世子の死を中心に,みずから体験した宮中の陰謀を写実的に表現した記録文学の白眉である。当時の宮中の模様や,党争により分裂した貴族層の理解に役立つ史料でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんちゅうろく【閑中録】

朝鮮,李朝の宮廷小説の一つで,《恨中録》ともいう。作者は英祖の次男,思悼世子の妃であり,正祖の母である恵慶宮洪氏。父王により死を命じられ悲しい最後をとげた夫君の哀話と,60年の生涯のあいだ見聞した事柄を写実的な筆致で描く(第1巻,1795)。その後,71歳(1805)のときまで,嫁の嘉順宮(純祖の母)の勧めによって,党争にからんだ実家の豊山洪氏の怨憤をはらすために続編を書きつぎ全6巻となった。洪氏は文章の才に秀で,作る文はすこぶる流暢で典雅である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android