コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接射撃 カンセツシャゲキ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐しゃげき【間接射撃】

障害物があって、目標物に直接に火砲の照準を合わせることができない場合、観測員からの指示に従って照準を合わせて砲撃すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせつしゃげき【間接射撃】

建物や丘などの障害物のために直接見ることのできない目標に対する砲撃。補助目標や観測者の指示などによって角度・方向などを定めて行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間接射撃の関連情報