コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接射撃 カンセツシャゲキ

デジタル大辞泉の解説

かんせつ‐しゃげき【間接射撃】

障害物があって、目標物に直接に火砲照準を合わせることができない場合、観測員からの指示に従って照準を合わせて砲撃すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんせつしゃげき【間接射撃】

建物や丘などの障害物のために直接見ることのできない目標に対する砲撃。補助目標や観測者の指示などによって角度・方向などを定めて行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間接射撃の関連キーワード艦砲射撃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間接射撃の関連情報