コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間欠性跛行症 かんけつせいはこうしょう intermittent claudication

3件 の用語解説(間欠性跛行症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間欠性跛行症
かんけつせいはこうしょう
intermittent claudication

歩行などの運動中に下肢の筋肉に激痛を覚えて運動が困難になり,歩行を中止するか安静にすればもとに戻る状態をいう。疼痛出現後も運動を続けると,筋肉に自発痛のほかに圧痛も生じるようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんけつせいはこうしょう【間欠性跛行症 intermittent claudication】

動脈閉塞があるために,歩行することによって下肢の筋群が虚血状態に陥り,疼痛を生じて歩行不能となり,静止・休息することによって短時間で回復し,再び歩行可能になる症状。最初1831年に獣医が荷を引く馬で観察し,脚の動脈閉塞が原因であると報告して以来,用いられるようになった。その後,運動―疼痛―静止―回復のサイクルを示すすべての周期的現象に適用されるようになった。静脈系,リンパ系,神経系などの疾患でもこれに類似した現象がみられ,偽間欠性跛行とよばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんけつせいはこうしょう【間欠性跛行症】

歩行を続けると下肢が痛くなり、休息すると痛みが消えるが、また歩くと再び痛くなる症状。動脈硬化による血流の不足が原因。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間欠性跛行症の関連キーワード虚血梗塞閉塞船歩行器慢性閉塞性動脈硬化症網膜動脈閉塞症癌ワクチン末梢動脈疾患虚血性発作動脈閉塞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone