間祝(読み)まいわい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間祝
まいわい

漁民が大漁を祝うこと。真祝とも書き,「まんいわい」ともいう。漁獲高が1万尾以上とか1万円以上とかの際,その数字にびつけて名づけられたといわれ,またこの「ま」はしあわせを意味する言葉であるともいわれている。間祝には網元船主酒宴を催し,赤帯赤手拭などを漁民に配る習慣が現在も続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

意外な大漁があったとき、漁業主が漁師・関係者・知人などを招いて祝宴を開くこと。まんいわい。
間祝い着」の略。

まん‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

まいわい」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐いわい ‥いはひ【間祝】

〘名〙 意外の大漁のあった網元が、漁夫や関係者、知人を招いて祝宴を開くこと。通常、印(しるし)入りの手拭や染出しの漁衣などを配る。大漁祝い。まんいわい。〔風俗画報‐二二四号(1901)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android