コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間祝 まいわい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間祝
まいわい

漁民が大漁を祝うこと。真祝とも書き,「まんいわい」ともいう。漁獲高が1万尾以上とか1万円以上とかの際,その数字に結びつけて名づけられたといわれ,またこの「ま」はしあわせを意味する言葉であるともいわれている。間祝には網元船主酒宴を催し,赤帯や赤手拭などを漁民に配る習慣が現在も続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

意外な大漁があったとき、漁業主が漁師・関係者・知人などを招いて祝宴を開くこと。まんいわい。
間祝い着」の略。

まん‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

まいわい」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

間祝の関連キーワード過越の祭キルメス間祝着

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android