間祝(読み)まいわい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間祝
まいわい

漁民が大漁を祝うこと。真祝とも書き,「まんいわい」ともいう。漁獲高が1万尾以上とか1万円以上とかの際,その数字に結びつけて名づけられたといわれ,またこの「ま」はしあわせを意味する言葉であるともいわれている。間祝には網元船主酒宴を催し,赤帯や赤手拭などを漁民に配る習慣が現在も続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

意外な大漁があったとき、漁業主が漁師・関係者・知人などを招いて祝宴を開くこと。まんいわい。
間祝い着」の略。

まん‐いわい〔‐いはひ〕【間祝(い)/万祝(い)】

まいわい」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android