間野凸渓(読み)まの とっけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「間野凸渓」の解説

間野凸渓 まの-とっけい

1821-1898 幕末-明時代の画家
文政4年9月13日生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩士の子。江戸勤番中,岡田閑林(かんりん)らに画をまなぶ。また遠州流茶道,挿花をきわめた。明治31年2月28日死去。78歳。通称遊民,来治。別号に松谷,秋岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android