コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊民 ユウミン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐みん〔イウ‐〕【遊民】

職につかずび暮らしている人。
「―坐食の徒であった」〈荷風・見果てぬ夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうみん【遊民】

もともとは,一定の業につかず遊んで暮らしている者の意であるが,ドイツ・フランクフルト学派の批評家W.ベンヤミンが19世紀の都市を考察するにあたって,重要なキーワードの一つとしてフラヌールflâneur(遊歩者)に注目したことをきっかけに,現代の都市論に欠かせぬ基本的な概念となった。ベンヤミンによれば,都市の遊を描いたもっともはやい文学作品は,ポーの《群集の人》(1840)で,カフェのテラスからガス灯に照らしだされた街路を行き交うロンドンの群集を観察しつづける孤独な語り手の境位は,やがてポーの翻訳者でもあったボードレールの散文詩《群集》(1861)にうけつがれているという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

遊民の関連キーワード佑・優・勇・友・右・宥・幽・悠・憂・揖・有・游・湧・猶・由・祐・融・裕・誘・遊・邑・郵・酉・雄エフゲーニー・オネーギン吾輩は猫である三村 伸太郎関東取締出役天明 愛吉川俣しのぶローマ史天野桃隣太平天国梅亭金鵞ディドロ文政改革滝亭鯉丈間野凸渓それからガバルニ小刀会七偏人三合会

遊民の関連情報