コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊民 ユウミン

2件 の用語解説(遊民の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐みん〔イウ‐〕【遊民】

職につかず遊び暮らしている人。
「―坐食の徒であった」〈荷風見果てぬ夢

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうみん【遊民】

もともとは,一定の職業につかず遊んで暮らしている者の意であるが,ドイツフランクフルト学派の批評家W.ベンヤミンが19世紀の都市を考察するにあたって,重要なキーワード一つとしてフラヌールflâneur(遊歩者)に注目したことをきっかけに,現代の都市論に欠かせぬ基本的な概念となった。ベンヤミンによれば,都市の遊民を描いたもっともはやい文学作品は,ポーの《群集の人》(1840)で,カフェテラスからガス灯に照らしだされた街路を行き交うロンドンの群集を観察しつづける孤独な語り手の境位は,やがてポーの翻訳者でもあったボードレールの散文詩《群集》(1861)にうけつがれているという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遊民の関連キーワード遊人有料職業紹介事業悪銭身につかず職業意識職業適性検査付かず離れず遊手遊食何処で暮らすも一生野本基員

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊民の関連情報