閖上(読み)ゆりあげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閖上
ゆりあげ

宮城県中東部、名取(なとり)市の一地区。旧閖上町。名取川河口右岸に位置する。地名「閖」の字の成立については諸説ある。かつては閖上浜といい、名取川と貞山堀(ていざんぼり)との結節地にあり、仙台城下まで舟運があった。現在も小規模な漁港がある。[境田清隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の閖上の言及

【名取[市]】より

…宮城県中部,仙台市の南に接する市。1955年増田町,閖上(ゆりあげ)町と高館,愛島(めでしま),館腰,下増田の4村が合体して名取町となり,58年市制。人口6万1993(1995)。…

※「閖上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閖上の関連情報