コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底引網漁業 そこびきあみぎょぎょうdragnet fishery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底引網漁業
そこびきあみぎょぎょう
dragnet fishery

海底に網漁具 (底引網) を沈め,引航して行う漁業。小型漁船によって沿岸で行われるものから,トロール漁船機船による遠洋底引網漁業まで広い範囲にわたっている。日本近海では東経 128°30′を境界に以西底引網漁業以東底引網漁業 (沖合底引網漁業ともいい,東経 153°以西) に区分される。以西は主として東シナ海黄海漁場とし,以東は東シナ海,太平洋,日本海,オホーツク海にわたり,漁船の操業形態も異なる。漁場としては海底がなるべく深くなく,障害物のないところが適するが,海底生物を無差別に漁獲するため,小規模な漁業との調整や資源保護上の問題が多い。資源保護の立場から許可漁業とされ,きびしい規制が課されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

底引網漁業【そこびきあみぎょぎょう】

底引網を使って行う漁業の総称。沿岸・近海漁業では漕(こぎ)引網や,手繰(てぐり)網打瀬(うたせ)網,桁(けた)網などの小型機船底引網類,遠洋漁業では各種トロール網が使われる。
→関連項目沿岸漁業北転船

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そこびきあみぎょぎょう【底引網漁業 trawl fishery】

円筒形あるいは円錐形の袋,さらにはこれに両翼をつけた網を,引綱をつけて水中を水平方向に引き,対象生物を囊(ふくろ)網の中に集めて漁獲する漁具を引網類という。このうち,いわ(沈子)綱が水底に接して引くものを底引網といい,これを用いて行う漁業を底引網漁業という。これに対して,表層あるいは中層を引くものを浮引網という。しかし,一般に浮魚の方が底魚より遊泳力が強く,垂直移動の幅も大きいので,引網で漁獲することは困難で,そのため浮引網は少なく,引網の多くは底引網である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の底引網漁業の言及

【トロール漁業】より

…トロール網を用いて行われる底引網漁業。trawlというのは元来は引回し網一般をさす言葉で,トロール網,トロール漁具をさす名詞としても,トロール網を引く,トロール漁業を行うという意味の動詞としても用いられる。したがって,おもにオッターボードotter board(網口を開くための抵抗板)を用いる底引網だけをさす日本での使い方は,原意からは著しく狭いものであることに留意しておく必要がある(なお,底引網については〈底引網漁業〉の項目を参照されたい)。…

【以西底引網漁業】より

…北緯25゜以北,東経128゜30′(北緯33゜9′15″以北では東経128゜)以西の黄海,東シナ海,および北緯10゜以北,東経121゜以西の南シナ海を操業区域とする総トン数15トン以上の船による底引網漁業で,指定漁業の一つ。2艘(そう)で一つの網を引く機船底引網と,オッターボードという網の口を開く装置をつけた網を1艘で引くトロールとがある。…

※「底引網漁業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

底引網漁業の関連キーワード網代(鳥取県)トロール漁業阿知須[町]日中漁業協定釧路[市]トロール船新上五島町定置網漁業沖合漁業指定漁業巻網漁業北洋漁業内浦湾美保関阿知須上五島独航船打瀬網津居山手繰網

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android