コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台湾 せんだいわん

7件 の用語解説(仙台湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙台湾
せんだいわん

宮城県東部,牡鹿半島と福島県北東部の鵜の尾岬との間の湾。湾岸は平滑な砂浜海岸であるが,北西部に松島丘陵の沈水した松島湾があり,その東は石巻湾呼ばれる仙台平野を形成する北上川鳴瀬川名取川阿武隈川などが流入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんだい‐わん【仙台湾】

宮城県の牡鹿(おしか)半島から福島県の鵜ノ尾崎に至る湾。仙台平野に面し、支湾として松島湾石巻湾がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

仙台湾【せんだいわん】

宮城県牡鹿半島から福島県鵜の尾崎までの湾。東部は牡鹿半島の岩石海岸,北部は北上川が流入する石巻湾と松島湾で,南部は砂浜海岸が続き阿武隈川が流入する。湾岸には釜の地名をもつかつての製塩地や,石巻,塩釜の大漁港がある。
→関連項目石巻[市]岩沼[市]仙台[市]貞山堀鳴瀬川宮城[県]若林[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんだいわん【仙台湾】

宮城県牡鹿(おしか)半島から福島県鵜の尾(うのお)崎までの間,太平洋に大きく開いた湾。湾には旧北上川,鳴瀬川,名取川,阿武隈川など大小の河川が流入し,沿岸には仙台平野が発達する。湾の東端は北上高地南端が沈降してできた岩石海岸からなる牡鹿半島で,属島に網地(あじ)島,田代島があり,仙台平野の一部である石巻平野の平滑な砂浜海岸に面して支湾の石巻湾がある。石巻湾の西方,松島丘陵の東部が沈降して形成された松島湾には多数の島が散在して松島の景勝地をなし,七ヶ浜(しちがはま)半島以南は仙台平野南部の砂質海岸となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんだいわん【仙台湾】

宮城県の牡鹿半島から福島県の鵜尾崎に至る湾。湾内に漁業基地石巻・塩釜港、景勝地松島湾などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕仙台湾(せんだいわん)


宮城県南東部に抱かれた湾。牡鹿(おしか)半島南端と福島県松川(まつかわ)浦の鵜ノ尾岬(うのおさき)を結ぶ線を湾口とする。湾奥の東部に石巻(いしのまき)湾、西部に松島(まつしま)湾がある。牡鹿半島西岸と松島湾付近を除いて砂浜海岸が発達。湾奥に重要港湾の石巻港・塩釜(しおがま)港がある。仙台港は掘り込み式の工業港で、名古屋港・苫小牧(とまこまい)港と結ぶフェリー便が発着する。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙台湾
せんだいわん

宮城県中東部の牡鹿(おしか)半島から福島県北東部の鵜の尾(うのお)岬に至る太平洋に面した湾入。支湾としてほぼ中央に松島湾、その北東部に石巻(いしのまき)湾がある。沿岸には北から旧北上(きたかみ)川、鳴瀬(なるせ)川、名取(なとり)川、阿武隈(あぶくま)川などが流入して石巻平野や仙台平野をつくり、米作が盛ん。また、沿岸の浜堤(ひんてい)列には野菜や果実が栽培される。旧北上川河口の石巻や阿武隈川河口の荒浜(あらはま)は仙台藩時代には河川交通の拠点であり、江戸廻米(かいまい)運送の起点であった。石巻と塩釜(しおがま)は東北地方屈指の漁港であり、牡鹿半島西岸や松島湾内はノリやカキの養殖が盛んである。1964年(昭和39)以降宮城県に属する湾岸一帯が新産業都市に指定され、石巻工業港、仙台港の建設により、後背地の工業化が著しい。牡鹿半島は三陸復興国立公園(旧南三陸金華山国定公園)に、松島は特別名勝に指定され、沿岸には史跡も多い。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙台湾の関連情報