コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関宿関 せきやどのせき

百科事典マイペディアの解説

関宿関【せきやどのせき】

下総国関宿城下(現千葉県関宿町)の江戸川に置かれた関所。1616年に関宿河岸が利根川・江戸川筋16の定船場の一つとされ,1631年に関所が設置された。関の管理は関宿藩に委任され,番頭2人,平番6−8人,門番2人のほか,足軽若干が配されていたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきやどのせき【関宿関】

江戸時代,下総国関宿城下の利根川と江戸川との分流点に置かれた川の関所。陸上の通行人ばかりでなく江戸川を上下する川船も改めた。1616年(元和2)に関東16定船場の一つとして始まり,31年(寛永8)に関所となる。管理は関宿藩に委任され,藩士が派遣されて在番した。川船は関宿三河岸の問屋に宿付をして手形を受け,これを関所に示して通船した。関所の前後に〈札場〉があり,改めの順番を定める番取札を発行した。1869年(明治2)廃止となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

関宿関の関連キーワード関宿[町]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android