コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関謙之 せき けんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関謙之 せき-けんし

1854-1907 明治時代の新聞記者。
安政元年11月5日生まれ。関蕉川(しょうせん)の孫。東京にでて「郵便報知新聞」などで執筆。明治14年丸山作楽(さくら)らと「明治日報」を発刊,主筆となる。26年日報社にはいり「東京日日新聞」散録欄を担当,好評をえた。晩年は卜筮(ぼくぜい)(占い)に専念。明治40年3月27日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は梅痴,槎盆(さぼん)居士

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関謙之の関連キーワード明治時代関梅痴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android