コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇小作 やみこさく

2件 の用語解説(闇小作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闇小作
やみこさく

農地法に違反して土地を借り,高い闇小作料を払って農業を営むこと。 1960年頃から西日本を中心に広がりはじめた請負耕作もその一形態。農地法は第2次世界大戦後の食糧増産に大きな役割を果したが,反面,農地を細分化したため農業だけでは生活できない零細な自作農を多くつくってしまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やみこさく【闇小作】

農用地の貸借をする際に,法律によって届出が義務づけられ,法規定に即した貸借を行うことが決められているにもかかわらず,法律を無視して貸借することをいう。闇小作は,貸借当事者にとり,法順守が不利となるか少なくとも積極的利益がないと判断される場合に発生する。日本では,1965年ころから闇小作が多発するが,それが法ルートに乗らなかったのは,当時の農地法が強力な小作者保護を行っていたこと,および農地改革の経験から,貸主が農地法の規制を回避しようとしたことが大きな要因である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

闇小作の関連キーワード農用地利用増進法触法農用地法術農用地区域農用地利用改善事業農用地利用改善団体農用地開発農用地の土壌の汚染防止等に関する法律農用地利用増進事業

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone