コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防風 ボウフウ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ふう〔バウ‐〕【防風】

風を防ぐこと。風防。
セリ科の多年草。高さ約80センチ。根は垂直に伸びて堅い。葉は羽状に細かく裂け、裂片は細長い。8、9月ごろ、白い小花を多数つける。中国などに分布。漢方で根を発汗・鎮痛薬に用いる。
ハマボウフウの別名。 春》「かきわくる砂のぬくみや―摘む/久女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぼうふう【防風】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セリ科ボウフウの根を乾燥したもの。発汗解熱鎮痛鎮痙(ちんけい)抗菌降圧などの作用がある。関節リウマチ神経痛に効く大(だい)防風湯(とう)肥満症高血圧糖尿病に効く防風通聖散(つうしょうさん)、顔や頭の発疹(ほっしん)に効く清上(せいじょう)防風湯などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうふう【防風】

[0] 風を防ぐこと。
[3] セリ科の多年草。シベリア・中国・朝鮮に分布。高さ約1メートル。根葉は柄が長く、三回羽状に深裂し、緑白色。夏、枝先に白色の小花を多数つける。漢方で、根を感冒による頭痛・関節痛などの薬に用いる。
[3] ハマボウフウの別名。 [季] 春。 《 潮の香のをり〱強し-摘む /大橋越央子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

防風 (ボウフウ)

学名:Ledebouriella seseloides
植物。セリ科の多年草,薬用植物

防風 (ボウフウ)

植物。セリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ハマボウフウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

防風の関連キーワードサンゴジュ(珊瑚樹)アダン(タコノキ科)ウインドブレーカーウインドジャンパーサイカモアカエデウインドヤッケオーバーズボンドイツトウヒフロント硝子アノラックテリハボク蓮の葉桐榕・雀榕常磐御柳デイゴコート防風林山人参浜苦菜立効散

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防風の関連情報