防湿(読み)ぼうしつ

精選版 日本国語大辞典「防湿」の解説

ぼう‐しつ バウ‥【防湿】

〘名〙 湿気を防ぐこと。
※家具の選び方と使ひ方(1943)〈剣持勇〉五「桐材の材質的特徴たる防湿、防虫性は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「防湿」の解説

ぼう‐しつ〔バウ‐〕【防湿】

湿気を防ぐこと。湿気から守ること。
[類語]防水防風風防防暑防寒除霜防雪防砂防潮防臭防腐防毒防食防疫防縮防空防火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「防湿」の解説

ぼうしつ【防湿】

湿気を防ぐというほどの意味であるが,大気中には水蒸気が含まれていて,しかも温度と関係しあっているので,具体的にはきわめて複雑である。小さな空間の場合は,たとえばデシケーターのように,気密の容器を用い,除湿した空気を封入するか,シリカゲルなどの乾燥剤を入れることで目的を達する。建築物の場合も,壁面に透湿抵抗の大きい(透湿量の少ない)防湿材料を用いて気密に保ち,内部で除湿装置を働かせればよい。防湿材料としては一般に,ポリエチレンフィルムアルミ箔アスファルトルーフィングなどが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の防湿の言及

【室内気候】より

…また工場軽作業時の作業強度は1.9Met(全発熱量は198W)程度で,このとき24℃の室内での放熱量は顕熱76W,潜熱122Wとなり,発汗によって人体は生理機能を調節していることがわかる。
[断熱と防湿]
 快適な室内気候を形成するには,断熱と防湿によって防暑・防寒対策を施すことが重要になる。外壁,天井,床には断熱材を入れ,窓も二重にすれば,冬は内から外への熱,夏は外から内への熱が移動しにくくなる。…

※「防湿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android