コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防湿 ボウシツ

3件 の用語解説(防湿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐しつ〔バウ‐〕【防湿】

湿気を防ぐこと。湿気から守ること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうしつ【防湿】

湿気を防ぐというほどの意味であるが,大気中には水蒸気が含まれていて,しかも温度と関係しあっているので,具体的にはきわめて複雑である。小さな空間の場合は,たとえばデシケーターのように,気密の容器を用い,除湿した空気を封入するか,シリカゲルなどの乾燥剤を入れることで目的を達する。建築物の場合も,壁面に透湿抵抗の大きい(透湿量の少ない)防湿材料を用いて気密に保ち,内部で除湿装置を働かせればよい。防湿材料としては一般に,ポリエチレンフィルム,アルミ箔アスファルトルーフィングなどが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼうしつ【防湿】

( 名 ) スル
湿気を防ぐこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の防湿の言及

【室内気候】より

…また工場軽作業時の作業強度は1.9Met(全発熱量は198W)程度で,このとき24℃の室内での放熱量は顕熱76W,潜熱122Wとなり,発汗によって人体は生理機能を調節していることがわかる。
[断熱と防湿]
 快適な室内気候を形成するには,断熱と防湿によって防暑・防寒対策を施すことが重要になる。外壁,天井,床には断熱材を入れ,窓も二重にすれば,冬は内から外への熱,夏は外から内への熱が移動しにくくなる。…

※「防湿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

防湿の関連キーワード供与体石松子嫌という程風窓湿気る大気療法湿態強度エキソティック大気潮汐論壁体内通気工法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防湿の関連情報