コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防食/防蝕 ボウショク

4件 の用語解説(防食/防蝕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐しょく〔バウ‐〕【防食/防×蝕】

金属の腐食を防ぐこと。「―塗料」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

防食【ぼうしょく】

金属の腐食を防ぐこと。最も一般的な方法は,環境中の腐食の要因となる反応物質と金属表面を遮断する塗装や鍍金(めっき)など,金属表面処理による環境遮断である。また,防錆(ぼうせい)剤,電気防食などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうしょく【防食 corrosion prevention】

金属が腐食するのを防止すること。腐食は金属材料が使用環境中の反応物質と化学反応を起こして金属としての特性を失うことで,その防食法は大きく四つに分けられる。第1の方法は環境中の反応物質と金属表面とを遮断する環境遮断である。この目的には塗装塗覆装めっきなどの種々の金属表面処理が応用される。第2は同一環境で腐食を起こさないような適材選定を行うことで,各種の耐食合金が利用される。第3は環境中の反応物質の作用を薬剤で抑制する腐食抑制剤を用いる方法であり,これには各種の防錆(ぼうせい)剤のほかに反応物質を除去してしまうスカベンジャーscavenger(ボイラー用水処理に使う亜硫酸ナトリウム,ヒドラジンなどがその例)も含めて考える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防食
ぼうしょく
corrosion protection

金属の腐食を防止すること。金属製の装置や構造物の腐食は、金属材料に関係する因子、使用環境に関係する因子、機械的応力に関係する因子、装置の構造に関係する因子などの複雑な組合せによって生ずるので、防食においてはこれらの因子のうちの一つかあるいは複数を制御することが行われる[杉本克久]

金属材料に関係する因子の制御

(1)金属組織の均一化 粒界析出物、溶質欠乏帯、異相などを再熱処理によって除く。(2)表面被覆 金属の表面を使用環境中で安定な別種の金属、合金、あるいは非金属物質で覆い、金属と環境とを遮断する。めっき、化成処理、セラミックス・コーティング、有機物被覆、合せ板などの方法がある。(3)耐食合金の使用 使用環境中で耐食性のある金属または合金を選んで使用する。耐食合金には鉄合金、ニッケル合金、銅合金、アルミニウム合金、チタン合金などがある。アルミニウム、チタン、タンタル、ニオブ、ジルコニウムなどの純金属も耐食材料として使用される。[杉本克久]

使用環境に関係する因子の制御

(1)有害物質の除去 塩素イオンなどの不動態皮膜を破壊する陰イオンを除去する。(2)溶存酸素の除去 中性水溶液中の金属の腐食は溶存酸素を除去するときわめて少なくなる。そのため水溶液中にヒドラジン、亜硫酸ナトリウムなどを加えて溶存酸素を還元して除去する。(3)水素イオン濃度(pH)の調整 鉄の腐食は水溶液を弱アルカリ性にすると低下するので、ボイラー水では水酸化ナトリウムまたはリン酸ナトリウムを添加してpHを10程度に調整している。(4)腐食抑制剤の添加 ある種の無機または有機の化合物は、水溶液中に少量添加するだけで金属の腐食速度を極端に低下させる。亜硝酸塩、ポリリン酸塩、クロム酸塩、モリブデン酸塩などの無機化合物、アミン類、ジアミン類、アミド類、エトキシル化合物、異種環状化合物などの有機化合物が用いられている。(5)陰極防食法 鉄の腐食は、鉄の電位を鉄が二価のイオンとなって溶解する反応の平衡電位以下にすれば停止する。外部電源を用いるかあるいは亜鉛などの卑な金属を張り付けて鉄を陰極分極して電位を低下させ、防食することが行われている。[杉本克久]

機械的応力に関係する因子の制御

(1)残留応力の除去 焼入れ、溶接などによって生じた引張り残留応力を再熱処理で除く。(2)応力集中の排除 材料の1か所だけに引張り応力が集中しないようにする。[杉本克久]

装置の構造に関係する因子の制御

防食設計 装置の設計の段階で腐食がおこりにくい構造にするよう配慮する。液体の滞留、流速の不均一、温度の不均一、応力の集中、異種金属との接触、すきまなどがない構造にする。[杉本克久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防食/防蝕の関連キーワード電解腐食腐食撥水耐食腐食孔腐食銅版異常腐食湿腐食水素膨張防錆剤