コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防衛力整備計画 ぼうえいりょくせいびけいかく

2件 の用語解説(防衛力整備計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防衛力整備計画
ぼうえいりょくせいびけいかく

自衛隊装備の拡充計画。 1954年,防衛庁が設置され,陸海空の3自衛隊が発足した。しかし防衛力整備計画の発足は遅れ,57年5月国防会議が決定した「国防の基本方針」に基づき,58年度から第1次3ヵ年計画が実施された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防衛力整備計画
ぼうえいりょくせいびけいかく

防衛庁(現、防衛省)が作成していた、日本の防衛力の複数年(第一次は3年間、第二次以降は5年間)にまたがる整備計画。1957年(昭和32)決定の第一次(1958~1960年度)から第四次(1972~1976年度)まで実施された。1978年度からは中期業務見積り(中業)を3年ごとに作成することになり、1986年度からは政府計画として中期防衛力整備計画(中期防)を策定している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の防衛力整備計画の言及

【防衛関係費】より


[防衛関係費の動き]
 自衛隊の発足は1954年7月であったが,翌55年度の防衛関係費をみると,当初予算額は1349億円,その対一般会計歳出比は13.6%,対GNP比は1.78%であった。その後ほぼ横ばいで推移した防衛関係費の絶対額は,第1次防衛力整備計画(1次防)以降,顕著な増勢を示した。ちなみに1次防(1958‐60年度)は,予定される在日アメリカ軍の撤収をカバーできるだけの〈骨幹的防衛力〉の構築を主眼とした。…

※「防衛力整備計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

防衛力整備計画の関連キーワード航空自衛隊バズーカ砲保安隊陸上自衛隊正面装備統合幕僚会議防衛費航空幕僚監部防衛省設置法防衛秘密

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防衛力整備計画の関連情報