コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久津曲がりねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

阿久津曲がりねぎ

福島県郡山市で生産されるネギ。白根部分は短く曲がっており、煮込むと甘みが出る。明治期に富山薬売りによりもたらされた加賀系の種子から栽培が始まったとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

阿久津曲がりねぎ[葉茎菜類]
あくつまがりねぎ

東北地方、福島県の地域ブランド。
1897(明治30)年頃、郡山市阿久津地区の武田鹿太郎が富山の薬売りからねぎの種子を入手し、栽培したのが始まり。昭和の初期に阿久津一本太ねぎ・郡山一本太ねぎなどとして種子が販売されたため、地域に広がった。夏場にねぎを掘り起こし斜めに植え替える「やとい」をおこなうことで軟白部分が確保された曲がりねぎができる。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

阿久津曲がりねぎの関連キーワード福島県郡山市東北地方

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android