阿字ヶ浦(読み)あじがうら

デジタル大辞泉の解説

あじ‐が‐うら【阿字ヶ浦】

茨城県中東部、ひたちなか市にある海岸。長さ約2キロメートル。遠浅のため、夏は海水浴場としてにぎわう。景勝地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あじがうら【阿字ヶ浦】

茨城県北東部,太平洋に臨むひたちなか市の海岸部。村松砂丘の南端部に位置し,磯崎岬に接する。背後に松林をもつ平滑で遠浅な砂浜がつづき,1920年代末に海水浴場を設置,水温低く波が荒い難点があるが,近年は大洗海岸と並んで京浜,栃木県方面からの観光客が多い。内陸部に広がる旧水戸射撃爆撃練習場の跡地は国営ひたち海浜公園(総面積350ha)などに利用されている。常磐線勝田駅から茨城交通線が通じる。【中川 浩一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕阿字ヶ浦(あじがうら)


茨城県ひたちなか市東部、太平洋に小さく突き出た磯崎(いそざき)岬北西側の砂浜海岸。一帯は遠浅で、白砂青松の海水浴場としてにぎわう。北西2kmの旧アメリカ軍水戸(みと)射爆場跡地に国営常陸(ひたち)海浜公園が開設された。ひたちなか海浜鉄道が通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿字ヶ浦
あじがうら

茨城県中央部、ひたちなか市にある海水浴場。那珂台地が太平洋に突き出た北側で、わずかに湾入して磯崎(いそざき)の漁港があり、東海村の砂丘に続く景勝地。台地先端は洗濯板状の岩礁で、中生代白亜紀層の地層として県天然記念物となっている。このなかの護摩壇石(ごまだんいし)といわれる岩石の表面が阿の字に似ているところから地名が出たという。水が清く遠浅なので北関東第一の海水浴場となる。付近はサツマイモを産し乾燥イモは名産。勝田からひたちなか海浜鉄道湊線が通じ、その終点。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿字ヶ浦の言及

【浸食作用】より

…台地の海崖が砂層からなる場合など,風食が砂層を削り台地面を吹き削って(ブローアウトblowout),平面がヘアピン形の浸食砂丘(ブローアウト砂丘blowout dune)を生ずる。日本では鹿島灘に面する阿字ヶ浦や下北半島尻屋崎付近にその例がある。 垂直に近い崖面に風の強く当たる所は彫刻(エッチング)され,径数十cmの小穴が刻まれる。…

※「阿字ヶ浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android