コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀聖衆来迎図 あみだしょうじゅらいごうず

1件 の用語解説(阿弥陀聖衆来迎図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あみだしょうじゅらいごうず【阿弥陀聖衆来迎図】

極楽浄土への往生を願う念仏者の一大幻想を,阿弥陀如来が諸聖衆をしたがえて,今まさに眼前に来迎した情景として描き出した絵画。数ある来迎図の中でも最高傑作とされる高野山有志八幡講十八箇院蔵の図(国宝)は抒情性にあふれ,卓越した群像表現をみせる。当初一幅の画面で仏堂にかけられ,高位の人をも交えた念仏者の迎講(むかえこう)の本尊として用いられたものであろう。来迎の諸尊が見る者と直接向かい合う本図には,観想念仏の伝統が残っており,鎌倉時代以後の説明的な来迎図とは性格を異にする

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿弥陀聖衆来迎図の関連キーワード来迎極楽浄土極楽願うより地獄作るな極楽の迎え即得往生念仏宗念仏門辺地蓮華往生九品念仏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone