コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿比 アビ

デジタル大辞泉の解説

あび【×阿比】

アビ目アビ科の鳥。全長63センチくらい。背面は灰黒色で小白斑がある。くちばしは細長く鋭い。冬に日本海域に飛来し、遊泳潜水が巧みで、魚などを捕食アビ科にはオオハム・シロエリオオハムなどが含まれる。へいけどり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あび【阿比】

アビ目アビ科の水鳥。全長60センチメートルほど。冬羽の背はまだらのある黒褐色、顔から腹は白色。夏羽の背は灰黒色、顔は青灰色。潜水・遊泳が巧み。夏、北極近くで繁殖。日本では冬期に各地の湾・河口で見られる。魚群の上に集まるので、漁船が目じるしとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

阿比 (アビ)

学名:Gavia stellata
動物。アビ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

阿比の関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏大阪府箕面市桜ケ丘吉田又市(1)飯田神左衛門尉会津(あいづ)阿【しゅく】仏QunQun阿比留悠斗阿比留秋依岐須美美命西山順泰大橋正春西山西山神代文字氏姓制度中庭茂山吾平津媛手研耳命宗義成阿弭古

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿比の関連情報