コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿漕焼 アコギヤキ

デジタル大辞泉の解説

あこぎ‐やき【××漕焼】

三重県津市から産する陶器。万古(ばんこ)焼分派である安東(あんとう)焼を、嘉永6年(1853)再興したのが始まり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

阿漕焼[陶磁]
あこぎやき

東海地方、三重県地域ブランド
津市で製作されている。江戸時代中期に起こった萬古焼の姉妹窯であった津の安東焼起源とする。地元の土に伊賀瀬戸の土を混ぜ、手ろくろで力強く成形される。彩薬は素朴な灰釉を中心に、高取や萩風のものを使用し、阿漕ならではの作品が創作されている。三重県伝統工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

阿漕焼の関連キーワード三重県津市東海地方ばんこ万古

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android