コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿片常用者の告白 あへんじょうようしゃのこくはく Confessions of an English Opium Eater

2件 の用語解説(阿片常用者の告白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿片常用者の告白
あへんじょうようしゃのこくはく
Confessions of an English Opium Eater

イギリスのエッセイスト,T.ド・クインシーの自伝的随筆。『ロンドンマガジン』 1821年9,10月号に発表され,22年初版,56年増補版。少年時代のこと,マンチェスターグラマー・スクールからの脱走,ウェールズ,ロンドンでの放浪生活を興味深く描いたあと,オックスフォード大学在学中,最初は肉体的精神的苦痛をやわらげる目的でアヘンを飲みはじめ,最後には1日 8000滴という大量のアヘンチンキを用いる悪習に陥った経過を語る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿片常用者の告白
あへんじょうようしゃのこくはく
Confessions of an English Opium-Eater

イギリスの作家トマス・ディ・クウィンシー自伝小説。1822年刊。ウェールズにおける少年時代の放浪とロンドンでの窮乏生活、その間にアヘンを覚えたいきさつとそれにまつわる恐るべき体験とが、告白体の美しい文章で写実的に語られている。やがて主人公は死の恐怖から一大決心のすえ、ついにこの「呪(のろ)うべき鎖」から解放される。この点に作者は「有益にして教訓的」な意図をこめたといわれるが、教訓的であるとか刺激的事実の告白であるという以前に、これは当代散文の典型的傑作の一つであり、われわれにとっての興味ももっぱらその点にある。1856年に改訂増補版が出た。[前川祐一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿片常用者の告白の関連キーワードエリア随筆ボローエッセイストエッセンシャルイギリス巻849 エッセンシャリースイスシリーズイギリス・バロック管弦楽団エッセイ記念日モイストボディモイスト バスエッセンス内田洋子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone