コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶山訥庵 すやまとつあん

4件 の用語解説(陶山訥庵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶山訥庵
すやまとつあん

[生]明暦3(1657)
[没]享保17(1732).6.14.
江戸時代中期の儒学者,農政家。名は存 (ながろう) ,字は士道,訥庵,鈍翁とも号した。対馬藩医玄育の長子として生れ,若くして出京,木下順庵に学んで帰国,18歳で対馬藩に仕え朝鮮支配佐役,郡奉行を歴任,享保5 (1720) 年に用人に昇進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すやま‐とつあん【陶山訥庵】

[1658~1732]江戸中期の儒学者。対馬(つしま)藩士。別号、鈍翁。通称、庄右衛門。木下順庵に学ぶ。農政にすぐれ、対馬聖人と称された。著「訥庵雑録」「農政問答」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶山訥庵 すやま-とつあん

陶山鈍翁(すやま-どんおう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

陶山訥庵

没年:享保17.6.24(1732.8.14)
生年:明暦3.11.28(1658.1.1)
江戸前・中期の儒学者。名は存,訥庵は号,別号は鈍翁。対馬藩儒医陶山玄育の子として生まれ,11歳で江戸に出て木下順庵に朱子学を学ぶ。帰藩後,対馬藩に仕え,馬廻役から郡奉行となり,甘藷の移入や猪狩りなど農政に尽力した。その間,朝鮮との折衝にも当たり朝鮮通信使の随行(1682)も務めた。その後,側用人となるが,3カ月で辞め,著述に専念する。著述は百余点におよび,『猪鹿追詰覚書』『水利問答』など,農政と経済政策に関するものが中心だが,『大意録』『艮止説』など儒学に関する優れた著述もあり,その実学は儒学思想に裏打ちされたものといえる。

(柴田篤)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陶山訥庵の関連キーワード朝山素心春斎平井東庵三宅錦川三宅擔庵漢儒脇屋蘭室林鵝峰稲葉迂斎原斗南

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陶山訥庵の関連情報