コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶鋳 とうちゅうTao Zhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶鋳
とうちゅう
Tao Zhu

[生]宣統1(1908).湖南
[没]1969.11.30. 合肥
中国の政治家。長征に参加し,解放当時は人民解放軍中南軍区政治部主任。 1955年広東省省長,56年広東省党委員会第一書記となり,党八全大会で中央委員に選ばれ,58年の人民公社化運動では積極的役割を果し,特に 1960年代初めの経済困難期の農村政策によって 65年1月国務院副総理に選出された。 66年7月党中央宣伝部長,同年8月中央文化大革命小組顧問,同年 10月中央政治局常務委員となったが,まもなく江青らの文革派と衝突を起した。 67年1月「劉少奇,鄧小平路線の忠実な実行者」「中国中南地区のフルシチョフ,反革命両面派」であるとして批判され失脚した。その後3年以上北京中南海に幽閉され,69年 11月不遇なまま安徽省で病死。死後 78年末に名誉回復。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

陶鋳の関連キーワード諏訪 蘇山(1代目)趙紫陽姚文元

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android