コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽勝 ようしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽勝 ようしょう

869-? 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)11年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で空日に師事。のち大和(やまと)(奈良県)の金峰(きんぷ)山や吉野の牟田寺で仙人となるための苦行にはいった。断食あるいは1日粟(あわ)1粒をたべ,葛(かずら)の衣を着て満身に長毛を生じたという。能登(のと)(石川県)出身。俗姓は紀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陽勝の関連キーワードロタール[2世]メトディオス国際協力銀行JBIC祇園祭貞観地震祇園祭山鉾巡行高知県の建設業赤崎水曜日郵便局

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone