(読み)れいする

精選版 日本国語大辞典「隷」の解説

れい‐・する【隷】

[1] 〘自サ変〙 れい・す 〘自サ変〙 つき従う。他の配下となる。従属する。隷属する。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「仏蘭克弗(フランキホルト)の普国に隷せしより」
[2] 〘他サ変〙 れい・す 〘他サ変〙 つき従わせる。支配する。隷属させる。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「百奴を隷し、十婢を使ひ」

れい【隷】

〘名〙
① しもべ。召使い。隷僕。〔荘子‐田子方〕
② 徒刑の罪人。隷人
※二老略伝(1772)「、隷、八分は我邦往古より少しも沙汰する者なし」 〔東観余論‐法帖刊誤上・漢魏呉晉人書〕

れい‐・す【隷】

〘自他サ変〙 ⇒れいする(隷)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隷」の解説

れい【隷】[漢字項目]

常用漢字] [音]レイ(漢)
下級の召使い。「隷農奴隷
所属する。従う。「隷従隷属
漢字の書体の一。「隷書漢隷草隷篆隷てんれい

れい【隷】

隷書」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android