雀羅(読み)ジャクラ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃく‐ら【雀羅】

〘名〙 スズメなどを捕える網。とりあみ。かすみあみ。多く、門または門外にこれを張る景として捉えられ、訪ねる人の少ないたとえに用いられる。「門前(門外)を張る」など。
※菅家文草(900頃)四・寄白菊四十韻「東京蝸舎宅、西向雀羅門」
※四河入海(17C前)六「冷官で我は有程に、人も往来せぬ程に、門には雀羅を可張ぞ」 〔史記‐汲鄭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android