雀鯛(読み)スズメダイ

デジタル大辞泉の解説

すずめ‐だい〔‐だひ〕【××鯛】

スズキ目スズメダイ科の海水魚。全長約15センチ。体はタイに似て側扁し、紫黒色で、背びれの後部下に白色斑があるが、死ぬと消える。本州中部以南の岩礁にすむ。食用。福岡地方では「あぶってかも」とよび、塩干し品として珍重
スズメダイ科の海水魚の総称。温帯域から熱帯域の岩礁・珊瑚礁にすむ。ソラスズメダイ・デバスズメダイ・クマノミなど小形で美しいものが多く、飼育しやすいので観賞魚ともされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずめだい【雀鯛】

スズキ目の海魚。全長18センチメートルほど。体は卵形で、著しく側扁する。全体に黒褐色で、背の後方に白色の斑紋が一つある。本州中部以南の磯にすむ。スズメダイ類は南日本近海に約90種がいて、体形・体色の美しいものが多く、飼育しやすいので観賞魚とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雀鯛の関連情報