雄性ホルモン(読み)ゆうせいほるもん

日本大百科全書(ニッポニカ)「雄性ホルモン」の解説

雄性ホルモン
ゆうせいほるもん

脊椎(せきつい)動物の精巣間細胞から分泌されるステロイド系の性ホルモン。代表的なものはテストステロンとアンドロステンジオンで、これらの物質を総称してアンドロゲンという。ヒトの場合は男性ホルモンといわれる。おもな作用は精子形成の刺激、性生殖器官の発達と機能維持、タンパク質同化促進、二次性徴の発達と維持、性行動の発現などである。精巣のほか、卵巣、副腎(ふくじん)皮質からも少量分泌される。

[守 隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「雄性ホルモン」の解説

ゆうせい‐ホルモン【雄性ホルモン】

〘名〙 (ホルモンはHormon) 主に動物の雄としての形質の発達や維持に関与するホルモンで、主として精巣から分泌される。テストステロンなど。男性ホルモン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雄性ホルモン」の解説

ゆうせい‐ホルモン【雄性ホルモン】

脊椎動物の雄の性徴の発現・維持や精子形成などに関与するホルモン。主に精巣から分泌される。アンドロゲン。男性ホルモン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雄性ホルモンの言及

【男性ホルモン】より

…男性における性ホルモンで,広く動物をも含めて一般的にいう場合には雄性ホルモンとよぶ。アンドロゲンandrogenともいう。…

【ホルモン】より

…一般に高等脊椎動物ではアドレナリンを多く分泌する。(10)雄性ホルモン 精巣から分泌されるもので,テストステロン,アンドロステンジオンがある。テストステロンは作用するときに組織で5α‐ジヒドロテストステロンという強力なものに変わる。…

※「雄性ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android