コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄性ホルモン ユウセイホルモン

大辞林 第三版の解説

ゆうせいホルモン【雄性ホルモン】

脊椎動物の雄の形質の発達と維持に関与する性ホルモン。主に精巣から分泌され、雄性生殖器官を発達させ、また二次性徴を発現させる。雌では主に副腎から分泌されている。アンドロゲン。男性ホルモン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄性ホルモン
ゆうせいほるもん

脊椎(せきつい)動物の精巣の間細胞から分泌されるステロイド系の性ホルモン。代表的なものはテストステロンとアンドロステンジオンで、これらの物質を総称してアンドロゲンという。ヒトの場合は男性ホルモンといわれる。おもな作用は精子形成の刺激、雄性生殖器官の発達と機能維持、タンパク質同化促進、二次性徴の発達と維持、性行動の発現などである。精巣のほか、卵巣、副腎(ふくじん)皮質からも少量分泌される。[守 隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雄性ホルモンの言及

【男性ホルモン】より

…男性における性ホルモンで,広く動物をも含めて一般的にいう場合には雄性ホルモンとよぶ。アンドロゲンandrogenともいう。…

【ホルモン】より

…一般に高等脊椎動物ではアドレナリンを多く分泌する。(10)雄性ホルモン 精巣から分泌されるもので,テストステロン,アンドロステンジオンがある。テストステロンは作用するときに組織で5α‐ジヒドロテストステロンという強力なものに変わる。…

※「雄性ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雄性ホルモンの関連キーワード全雌魚(しぎょ)生産生殖腺刺激ホルモン黄体形成ホルモンアンドロステロン副腎皮質ホルモンテストステロン外部寄生抱擁反射二次性徴脊椎動物間細胞性転換追い星婚姻色生殖腺宦官症形質卵巣副腎発情

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android