コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌日芝 メヒシバ

デジタル大辞泉の解説

め‐ひしば【雌日芝】

イネ科の一年草。日当たりのよい所に生え、高さ40~70センチ。根際で数本の茎が分かれ、葉は線形。夏から秋、茎の頂に5~10本の細い穂を放射状につけ、オヒシバに似るが細くて柔らかい。じしばり。めひじわ。めしば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めひしば【雌日芝】

イネ科の一年草。庭や路傍に生える雑草。高さ約50センチメートル。まばらに分枝し、広線形の軟らかい葉を互生。夏から秋に、枝頂に緑色の小穂をつける。メヒジワ。ジシバリ。雌芝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雌日芝 (メヒシバ)

学名:Digitaria ciliaris
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雌日芝の関連キーワードオヒシバ(雄日芝)ジシバリ小穂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android