雌日芝(読み)メヒシバ

デジタル大辞泉の解説

め‐ひしば【雌日芝】

イネ科の一年草。日当たりのよい所に生え、高さ40~70センチ。根際で数本の茎が分かれ、葉は線形。夏から秋、茎の頂に5~10本の細い穂を放射状につけ、オヒシバに似るが細くて柔らかい。じしばり。めひじわ。めしば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めひしば【雌日芝】

イネ科の一年草。庭や路傍に生える雑草。高さ約50センチメートル。まばらに分枝し、広線形の軟らかい葉を互生。夏から秋に、枝頂に緑色の小穂をつける。メヒジワ。ジシバリ。雌芝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐ひしば【雌日芝】

〘名〙 イネ科の一年草。各地に分布し、雑草として畑・原野・路傍に生える。高さ五〇~九〇センチメートル。桿の下部は地に伏してはう。葉は線形で葉鞘に白い長毛を生じる。七~一一月、掌状に花穂をつける。小穂は緑色を帯び披針形で長さ約三ミリメートル。めひじわ。めしば。はぐさ。じしばり。すもうとりぐさ。ほどぐさ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android