コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雞知 けち

2件 の用語解説(雞知の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雞知
けち

長崎県,対馬市の南部,美津島町の中心集落。旧町名。 1955年船越村と合体して美津島町となる。浅茅湾内の交通上の要地で,かつては陸軍要塞司令部が置かれ,付近の竹敷港には海軍の要港があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けち

長崎県対馬(つしま)のほぼ中央部、対馬市の一地区。2004年(平成16)合併によって対馬市が誕生するまでは、下県(しもあがた)郡美津島町(みつしまちょう)の中心地区。旧知町。第二次世界大戦前には、要塞(ようさい)司令部、重砲兵連隊の置かれた旧軍事基地。現在、対馬市の美津島地域活性化センターが置かれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雞知の言及

【美津島[町]】より

…町域を国道382号線が縦貫し,大船越西部には対馬空港(1975完成)がある。雞知(けち)は平安末期から鎌倉前期にかけて対馬を支配した阿比留氏の本拠地であったと考えられる。浅茅湾内の竹敷は旧海軍の要港で,現在は海上自衛隊の基地となっている。…

※「雞知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雞知の関連情報