雨脚/雨足(読み)アマアシ

デジタル大辞泉の解説

あま‐あし【雨脚/雨足】

《「雨(うきゃく)」の訓読
線状に見える、降り注ぐ雨。あめあし。「―が強い」
雨の通り過ぎるようす。あめあし。「―が遠のく」

あめ‐あし【雨脚/雨足】

あまあし」に同じ。

う‐きゃく【雨脚】

あまあし」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐きゃく【雨脚】

〘名〙
① 降りそそぐ雨。白い線のように見える雨。あまあし。
※菅家文草(900頃)一・八月十五日夕、待月「雨脚忩々雲蔟々、秋風為我可乖疎」 〔杜甫‐寄岑参詩〕
② 雨がさっと降りすぎるのを、急いで行くのにたとえていう語。また、雨の降り方。雨量。あまあし。
※弘安二年内宮仮殿遷宮日記‐(弘安二年)(1279)正月一七日・親政書状「今夜鎮地祭奉心御柱事、雨脚過法」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android