雨脚(読み)うきゃく

精選版 日本国語大辞典「雨脚」の解説

う‐きゃく【雨脚】

〘名〙
① 降りそそぐ。白い線のように見える雨。あまあし。
※菅家文草(900頃)一・八月十五日夕、待月「雨忩々雲蔟々、秋風為我可乖疎」 〔杜甫‐寄岑参詩〕
② 雨がさっと降りすぎるのを、急いで行くのにたとえていう語。また、雨の降り方。雨量。あまあし。
※弘安二年内宮仮殿遷宮日記‐(弘安二年)(1279)正月一七日・親政書状「今夜鎮地祭奉心御柱事、雨脚過法」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雨脚」の解説

あま‐あし【雨脚/雨足】

《「雨脚うきゃく」の訓読
線状に見える、降り注ぐ雨。あめあし。「—が強い」
雨の通り過ぎるようす。あめあし。「—が遠のく」
[類語]降雨ひと雨雨降り小降り小止み大降り本降りざあざあ降り土砂降り横殴り吹き降り車軸を流す・天の底が抜けたよう

あめ‐あし【雨脚/雨足】

あまあし」に同じ。

う‐きゃく【雨脚】

あまあし」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android