一雨(読み)ヒトアメ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐あめ【一雨】

ひとしきり降る雨。ひとしめり。「一雨欲しいところだ」
雨が一度降ること。「一雨ごとに春めく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとあめ【一雨】

一回の降雨。また、ひとしきり降る雨。 「 -ごとに暖かくなる」 「 -欲しい」 「 -来そうだ」
[句項目] 一雨ありそう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひと‐あめ【一雨】

〘名〙 一度の降雨。ひとしきり降る。ひとしめり。
※虎寛本狂言・水掛聟(室町末‐近世初)「此上に一雨ふった成らば、殊之外楽に成る事で御ざる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android