コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一雨 ヒトアメ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐あめ【一雨】

ひとしきり降る雨。ひとしめり。「一雨欲しいところだ」
雨が一度降ること。「一雨ごとに春めく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとあめ【一雨】

一回の降雨。また、ひとしきり降る雨。 「 -ごとに暖かくなる」 「 -欲しい」 「 -来そうだ」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一雨の関連キーワードガーデンウェディング一雨ありそう和田智満覚巌寂明古座峡雲行き来る啓蟄降雨日潤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一雨の関連情報